SITEMAPLINKHOME

傘の基礎知識

雨や雪模様の時、外出のお供は傘ですね。今では一人で何本も持っている時代で、出先でビニール傘を買い、そのまま捨ててしまう人もいるようです。昔、一家に1本しか傘がない貧しい時代もありました。普段気にせずに使っている傘ですが、どのような歴史があるのでしょうか。


傘の歴史

現在私達が使っている傘のほとんどは洋傘でしょう。傘は和傘としてそれ以前からありましたが、世界では、おおよそ4000年前から使われていたとされており、当時は雨よけではなく、貴族の夫人や高僧たちが外出する際の日よけとして使われていました。雨傘ではなく、権威の象徴の日傘として、傘は誕生していたのです。カサが一般的に使われるようになったのはギリシア時代です。当時の傘は閉じることができませんでした。13世紀に入ると閉じることのできる傘が作られるようになり、鯨の骨や木がフレームとして使われていました。これがイタリアからスペイン、ポルトガル、さらにはフランスへと広まりました。フランスでも日傘として使われ、その他にも女性のアクセサリーの一部としても使用されました。

雨傘としての歴史

雨傘として使われるようになったのは、18世紀の後半になってからのことです。イギリスのジョナス・ハンウェーという人物が、防水加工をした傘を差して街を歩きました。それまで、傘といえば女性のもので、男性は帽子で雨をしのぐのが普通の時代だったのです。彼は変人扱いされるのですが、30年もの間、傘を雨具として使い続けたことで、人々も見慣れてしまい、次第に違和感なく、男性がカサを差す姿も民衆に受け入れられていったのです。カサの持ち手をステッキ同様にすることで、爆発的に傘が広まりを見せます。細く折りたたむことでステッキ状に持ち歩くこともでき、こうしてイギリスにおいて、世界に傘が広まる礎を作り出したのです。日本へは、1804年に長崎に洋傘がはじめて入ってきました。

日本での傘の製造

それまでイギリスから輸入されていた洋傘ですが、材料を輸入して日本でも作られるようになったのは、明治10年の頃のことです。明治22年に入り、材料も製造も、全て国内で行われるようになりました。高価な輸入品だった洋傘の価格も国内生産により下がり、国内に需要が広まっていきました。それでも洋傘は高価なものに変りなかったのです。

和傘の歴史

東洋でのカサの歴史は、中国で、女性が使う天蓋として作られました。飛鳥時代に百済を経由して日本に入ってきました。平安時代になると和紙製造の技術の向上もあり、竹細工を取り入れて改良された傘になり、さらに室町時代になると、和紙に油を塗って防水性を施して、雨傘としても使われるようになりました。和傘の広まりは江戸時代になってからで、元禄年間には医者や僧侶が蛇の目傘を持ち歩くようになりました。歌舞伎や踊りの小道具としても使われるようになり、江戸時代の失業した武士が、カサを作る内職をしていたそうです。明治に入ると、急速な洋傘の普及により、和傘を使う人もほとんどいなくなりました。現在では歌舞伎や時代劇などで使われているほか、固定して使う野天用や、和菓子屋や旅館の店先で、日よけとして使われている程度になってしまいました。

様々な雨具

昔、日本での雨具と言えば菅笠と蓑でした。女性の履物は、草履ではなく、今で言う厚底のぽっくりと呼ばれるものを履いていました。現在では、雨合羽やレインコート、レインハットなどがあり、雨を通さない素材の物で作られています。ゴム長靴などもお洒落なものが販売されるようになっています。レインコートとカサの色や模様をコーディネートして、うっとおしい天気も気分を切り替えて、楽しいものにしていきましょう。

▲ このページの上に戻る

このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  はてなブックマーク  niftyクリップ  livedoorクリップ  del.icio.us