SITEMAPLINKHOME

日傘

最近、日傘を差す人が増えてきました。やはり、日に焼けたくないからでしょう。日焼けしたくて日焼けサロンに通う人もいると思えば、帽子にサングラス、長い手袋に日傘の重装備で紫外線から逃れようとする人もいますね。人それぞれとはいえ、対照的なものです。まだ少数とはいえ、男性でも日傘を差す人がチラホラと出てきました。オゾンホールの拡大などと騒がれている現代では、近い将来、老若男女を問わず、日傘が外出時の必需品になる日も近いかもしれません。


折りたたみの日傘

元々雨傘に比べると、日傘の方が、サイズが小さめになりますが、折りたたみとなると更に小さくなります。豪華な刺繍が施されているものからシンプルなものまであり、雨傘よりもデザインが重視されるようです。手元の部分がオーダーメイドできる折りたたみの日傘もあり、自分だけのオリジナルの日傘をオーダーすることもできます。日差しの強い中、外出するときに折りたたみの傘を持っていると、折りたたみ式の雨傘と違い、建物の中に入ったらコンパクトにたたんでバッグに入れることもでき、邪魔になりません。もちろんちょっとしたお出かけだけではなく、旅行にも持ち運びが便利で1本あると重宝します。もちろん長傘も折りたたみのものよりも若干大きめで便利ですので、出かける場所によって長傘と折りたたみ傘を使い分けてみてはいかがでしょうか。使う頻度は折りたたみの方が多いようですが……。

UV加工の日傘

最近の日傘には、紫外線を防ぐUV加工が施されています。ほとんどが優しいコットン素材でできています。日傘を選ぶときのポイントとして、紫外線だけではなく赤外線も防いでくれるものがいいでしょう。紫外線を防いで太陽の熱も跳ね返してくれる性能があれば、長時間の外出でもバテ方が違ってきます。日傘を選ぶときはデザインも大事ですが、こうした紫外線や赤外線カットの性能もチェックしましょう。ちなみに、紫外線を通しにくい素材は、ポリエステル・麻・綿の順番で高くなります。しかし、一番効果の高いポリエステルは、熱を吸収しやすいという特性がありますので、日傘を差していても内側が暑くなってしまいます。涼しさを求めるのであれば、麻や綿、絹などの素材がいいでしょう。

日傘はどんな色がいい?

デザインに富んでいる日傘を選ぶのは楽しいことです。では、どんな色を選べばいいのでしょうか。日傘は日光の下で使用するものですので、色あせない染色が施されていますが、炎天下で長期間使用していると、どうしても色が薄くなってしまいます。元々濃い色だと、色あせが目立ちますので、薄い色を選ぶといいかもしれません。(黒っぽい色を求められる人が多いようです)また、日傘の内側は、柄に凝ったものもありますが、内側の反射が少ないものを選びましょう。上からの紫外線ばかりに気をとられがちですが、地面の照り返しも考慮しなければいけません。そこまでこだわるのであれば、内側は濃い色、外側は明るい色にすると良いでしょう。外側で太陽光線を遮断し、内側では照り返しを遮断しましょう。

紫外線のこと

紫外線は、1年中降り注いでいますが、一番紫外線が多くなる時期がいつかご存知ですか? 夏のジリジリと照りつける時期だけとは思っていませんか? 5〜8月にかけて紫外線が多くなります。7月がそのピークになります。時間帯で言えば、午前10時から午後3時の間が1日の中で一番量が増えます。4月に入ると、UV-A波もUV-B波も急激に増加し、5月6月とその量を増やし、7月にピークを迎えた後、9月頃から徐々に少なくなっていくのです。反対に、年間を通して一番紫外線が少ない時期は、11〜2月になります。頭上から降り注ぐ紫外線が75%、照り返しによるものが25%になります。

▲ このページの上に戻る

このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  はてなブックマーク  niftyクリップ  livedoorクリップ  del.icio.us