SITEMAPLINKHOME

傘を活用する

日常生活の中で、普段持ち歩くことはしていなくても、ないと困るのは傘ですね。服装と同じで、その人の個性や趣味が現れるものではないでしょうか。傘は使わなくてもあって困るものではありません。しかし、なければ大変困ることになるのです。そんな傘を色々なシーンで活用してみませんか?


贈り物に

インターネットで調べてみると、傘を綺麗にラッピングして、贈り物用にしてくれるところがあるようです。また、自分だけのオリジナルデザインの傘をオーダーメイドできるところもあります。傘は末広がりの縁起物とされています。父の日や母の日、記念品、お祝いなどの贈り物には最適です。ありふれた贈答品よりも、傘の贈り物なんてちょっと風変わりで素敵だと思いませんか? 幼稚園や小学校の入園・入学祝いに喜ばれることでしょう。新築祝いや引越し祝いに和傘のプレゼントなどはいかがでしょう。和傘は自分で購入することなどほとんどない物ですので、きっと喜ばれるはずです。

インテリアに

インテリアに傘を使うといったら、やはり和室によく似合う和傘でしょうか。床の間に和傘を開き、内側にライトを置くと、優しい光を放つ和傘が、和室を演出してくれるでしょう。依然通いつめていたお蕎麦屋さんでは、店舗中央に池があり、その中には見事な鯉が泳いでいて、その横には床机があり、大きな野天傘が立ててありました。このように、店舗の装飾の一つとしても利用できるのです。和傘は様々な風情のある模様で、どんなインテリアにもマッチするでしょう。和傘には温もりや安らぎが感じられますので、自分のリラックス空間に取り入れてみるのもいいでしょう。

ミニ和傘

最近徐々に人気が出てきているものに、ミニ和傘があります。可愛らしい小さな和傘で、どこに置いても目を引くでしょう。玄関やサイドボード、電話の横などにさりげなく置かれている人が多いようです。これに小さな電球をつけて、ミニライトとして販売しているところもあるようです。

傘のマナー

カサを持っているとき、マナー違反をしている人の多いこと……。雨降りの外出では、誰もがカサを持っているでしょう。電車で通勤している人は傘を持って電車やバスに乗らなければいけません。こんな雨降りのときは、周囲の人に迷惑をかけない傘の使い方をしなければいけません。

傘の閉じ方

あなたはどんなカサの閉じ方をしていますか? 横に向けて閉じている人が多いのではないでしょうか。これではカサの先が誰かにあたってしまうかもしれません。カサを閉じるときは上で少し閉じてから、下に向けて全部閉じるようにしましょう。もちろん周囲を確認してから下に向けます。

傘を差して歩く

カサを差すとき、どんな差し方をしているでしょう。肩にかけて歩いていませんか? これでは後方の人の視界が悪くなってしまいますので、真っ直ぐ上に向けて差すようにします。肩にかけて、無意識にくるくる回す友人がいましたが、視界が悪くなるだけではなく、誰かにカサが当たって危険ですので絶対にやめましょう。

電車の中で

電車の中ではどうしたらいいのでしょう。濡れたカサをそのまま持ち込むのはもってのほかです。乗車する前にカサの水滴をしっかりときり、カサを巻いてベルトできっちりと留めてから乗り込みましょう。車内では自分の前にカサを立てるようにします。

すれ違うとき

雨の日、カサを差している同士ですれ違うとき、目にカサが当たりそうになってヒヤリとしたことはありませんか? カサとカサがぶつからないよう、相手に傘の雫がかからないように、相手とは反対の方に傘をかしげましょう。『傘かしげ』と言われる江戸しぐさの一つと言われていますが、昔の人の方が雨の日のマナーを分かっていたようですね。

▲ このページの上に戻る

このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  はてなブックマーク  niftyクリップ  livedoorクリップ  del.icio.us