SITEMAPLINKHOME

傘を長く使おう

お気に入りの傘、できれば長く使いたいですよね。お手入れ次第で長い間使うことができますので、使ったあとはきちんとお手入れをして保管しておきましょう。何度も使わないうちに、しまい方が悪いために傷めてしまわないようにしましょう。


傘のお手入れ

傘を使った後、濡れたままにしておくと、湿気が中にたまりますので、サビの原因になります。濡れたままにして臭うようになった場合は、バクテリアが繁殖してしまっています。使ったあと、雨が上がったら、直射日光を避けて陰干しをしましょう。短い時間で乾燥させます。長い時間直射日光にさらしていると、色褪せの原因になります。もちろん陰干しするより先に、使った直後は布で水分をふき取ります。こうすることで、傘生地の色褪せを十分防げることになります。

日傘の手入れ

日傘は強い日差しの下で使うものですから、ちゃんとお手入れをしなければすぐに色褪せてしまいます。日傘の使用状況を考えて、色褪せしにくいように生地が染められていますが、紫外線を浴び続けることで、ある程度の色褪せは仕方がありません。ですから、日傘を閉じたまま、長時間直射日光の当たる場所に置くのは避けましょう。特に紺色や黒などの色の日傘は色褪せしやすいので注意が必要です。最近の雨は酸性雨だと言われています。使用後はすぐ水道水ですすぐのが望ましいですが、そこまでやる人は少ないでしょう。撥水性が落ちてきたら、市販の撥水スプレーや防水スプレーをかけましょう。かけるときは屋外で、変色しないかどうか確かめてから行いましょう。

日傘を洗う

防水加工のしていない綿や麻の日傘は、自分で洗うことができます。天気の良い日に、ブラシやスポンジに洗剤をつけて、手早く洗いましょう。十分にすすいで水分をきり、傘を広げて陰干しにします。白い色のものでしたら、太陽の下でもかまいません。一気に乾かしてしまいましょう。乾いたあとの仕上がりを考えると、晴れた日に洗って干すと、綺麗に仕上がります。一気に乾くので、骨のサビも出にくくなります。

傘を楽に洗う

外で傘を洗う場所がない場合、洗濯機の中で手洗いしてしまいましょう。周りに水が飛び散ることもなく洗うことができます。もちろん干すのは外に陰干しで、一気に乾かしましょう。それもどうしてもできないのであれば、風通しの良い場所で乾かすようにしましょう。

▲ このページの上に戻る

傘の修理

昔は傘の修理を専門とする店があったものですが、現在では見かけなくなりました。現在では、傘を販売した店が修理を受け付けるのが基本になっています。ですから、購入する際に、その店で修理ができるのかどうかを確認しましょう。傘の部品はとても種類が多いので、作ったところにしかその部品がないのが通常です。大切に使っていても、何かの弾みで部品を壊してしまうことがあるかもしれません。せっかく気に入って購入した傘をちょっとの故障のせいで使えなくなってしまうのはもったいないですね。ましてブランド傘なら尚更です。お気に入りの傘を無駄にしないためにも、修理のできる店で購入するのがいいでしょう。

日傘の修理

日傘の修理も雨傘同様、購入した店で修理をしてもらいましょう。ちょっとした糸切れなどでしたら、自分でも修理ができます。

傘のしまい方

これは、雨傘・日傘両方に言えるしまい方になります。傘の保管は暗いところにしまうようにします。いくら暗い場所とはいえ、長期間しまいっぱなしにしていると、多少の色褪せが出てしまいます。太陽や蛍光灯の当たらない場所と言うのはもちろんのこと、湿気のない乾燥した場所にしまうようにしてください。ポリエステルの傘は、長い間ビニール袋などに入れておくと、色移りしたり、変色したりする可能性もありますので、ハトロン紙に包んでしまっておくのがお勧めです。

▲ このページの上に戻る

このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  はてなブックマーク  niftyクリップ  livedoorクリップ  del.icio.us